交通事故!?軽傷でも慰謝料は発生する?

交通事故というのは、気を付けていても起きてしまうことがあります。そんな突然の事故にどう対処していけばいいのでしょうか。特に相手がいる事故だと、どうしていいのかさらにパニックに陥ってしまいます。まず事故が起きたらどうするべきか、相手がもし軽傷を負ってしまったときの対応についてなど、突然の事故に備えてお伝えしていこうと思います。

交通事故に遭ったらすべきことは?

1.車の停止(必ず事故後は停止しましょう。その場を逃げてしまうと罪も重くなってしまいます。)

2.負傷者がいたらその人の救護。(救護をして119番へすぐ連絡しましょう。交通事故を起こしたときは負傷者の救護をすることも義務の一つです。)3.車を安全な場所へ移動。もしできないようであれば発煙筒などで後続車へ事故があったことを伝える。

4.警察へ連絡。これは交通事故が起きたら必ず連絡する義務がありますので当事者同士での示談交渉は絶対にやめましょう。5.保険会社へ連絡。ここも忘れずに行っておきましょう。その後のことは、警察や保険会社の担当者から指示があるのでよく聞いておきましょう。


連絡先の交換、忘れずに!

警察を呼ぶことまではみなさん理解されていることが多いのですが、実は相手の連絡先を聞いておくのはとっても大事なことなのです。交通事故に遭ったあと警察は事故の経緯など調査してくれますが、その後の対応は保険会社を通して個人でやることになります。

その際に相手の連絡先を知っていることがとても重要になります。直接当事者同士が連絡を取ることは基本的にありませんが、保険会社とのやり取りの際に必ず必要になりますので、忘れず連絡先を交換しておきましょう。警察の方からも連絡先を交換するようにと言われることもあります。

1.フルネーム2.携帯番号3.できれば住所この3つを交換できればやり取りがスムーズです。相手の連絡先だけを聞くのではなく、必ずお互いの連絡先を交換しましょう。できれば免許証などを見せてもらうのがベストではありますが、こちらが加害者の場合はそこまでする必要はありません。

加害者になったらまずは謝罪を!

交通事故を起こしてしまうとパニックになってしまうかもしれません。しかし、もし加害者の立場になってしまったらそれではいけません。加害者の立場としてきちんとお詫びの言葉を伝える必要があります。まずは相手の方が怪我がないかどうかを「お怪我はありませんか?」などの言葉で気遣い、それから「本当に申し訳ありませんでした。

」と謝罪をしましょう。誠意ある謝罪をすることでその後の示談もスムーズに行えます。その後、被害者側の自宅へ謝罪に行くかなどは、保険会社とやり取りをし、その指示を待って行動するようにしましょう。もし、謝罪へ相手のご自宅に伺う場合は、相手の都合の良い時間帯などを聞き、失礼のないように対応しましょう。

お詫びの品としての菓子折りについても保険会社に聞いておくと対応しやすいでしょう。

相手が軽傷だった場合の慰謝料は?

相手が軽傷だからと軽く考えるのは危険です。交通事故というのは、車同士ですから少なからず結構な打撃を受けているはずです。その時は何もなくてもあとから異変が起こることもあります。まずは負傷者の救護をし、それから救急車を呼ぶなどの対応をしてください。

どうしても本人が救急車を拒んだとしても後日なるべく早く病院で診察を受けてもらうように伝えましょう。その後相手の方が軽傷で、その後も体に異常がないからということで、相手側が慰謝料を請求しなければ慰謝料は発生しないでしょう。

しかし、その後も体調が悪くなったり相手側が慰謝料を請求したいということがあれば、病院への通院費以外に慰謝料はかかるでしょう。加入されている保険内容で異なりますが、保険内で収まる場合は保険で対応してくれます。

→交通事故で適正な慰謝料を受取るための診断書

交通事故のあとの保険料金はどうなる?

交通事故を保険で対応した場合、基本は今の等級から3等級下がります。ですから、保険料もそれだけ高くなります。相手の怪我が軽傷で慰謝料がなく、さらに相手の車があまり傷がなく低額で示談が成立した場合、保険を使うよりも安く済むことがありますので、その際は保険会社に相談し、損のないほうを選べるようでしたらそちらを選択するほうが得策でしょう。

しかし、最初から軽傷だから自分で対応しようとは考えず、必ず保険会社へ連絡するようにしましょう。

当事者同士でのやりとりをするとトラブルの原因にもなりますので慎重に対応しましょう。何事もごまかさず誠実に対応することが一番です。保険会社によっては長期契約のものであれば、一事故でその後契約中に保険を使用しなければ等級があまり下がらないタイプのものもあります。

よく保険内容を理解しておきましょう。

→交通事故で慰謝料をもらった私の体験談!多くもらうためにすること!

人身事故になった場合

軽傷だからと言っても人身事故扱いになれば、行政処分を受けることになります。免許の点数を引かれ、その行為が悪質だと受け取られると免許停止や免許の取り消しになることもあります。これは罰としてはとても重い罰です。

ですから、軽傷だからと安易に考えることはできません。人身事故になると一番困るのがこの免許取り消しでしょう。日常で車を利用されている方や、お仕事で利用されている方にとって車はなくてはならない存在でしょう。

人身事故にならないためにも日々安全運転を心がけなければなりません。

運転免許を再取得するには?

運転免許の再取得には、一定の期間を過ぎなければ取得することができません。その期間は罪の重さで年数が変わります。早いもので1年で、最長10年は再取得できないものもあります。そして、再取得するためには取消処分違反者講習を必ず受けなくてはいけません。

内容としては、①運転適性検査②性格と運転に関する概説③危険予知運転の解説④実車講習などで、原則として連続した2日間に13時間の講習を受けることになります。そして、この有効期限は1年しかありませんので、早めに受けておけばいいというものでもありません。

ご自身の犯した罪がどれだけのものだったのかを考えることとなるでしょう。そして、その期間を過ぎてから免許を再取得するために、①運転免許試験会場での一発試験を受験する。②改めて指定自動車教習所に通う。この二つのどちらかの方法で取得することが可能です。

期限が過ぎればよいというものではなく、試験を受けたり教習所に通ったりしなければならないのでとても大変です。